ANK療法のご紹介です。

医療法人南方クリニック

ANK療法とは

ANK(Amplified Natural Killer)自己リンパ球免疫療法(通称、ANK免疫療法、ANK療法)は、免疫細胞療法もしくは、活性化自己リンパ球移入法等と呼ばれる、がん治療の一種です。

 

患者さんの血液延べ数リットルを透析のような装置で体外に循環させ、たくさんのNK細胞を集め、活性を高め数も増やしてから、点滴によって体内に戻します。
体内に戻されたNK細胞は、全身のほぼどこでも巡り、
@直接、がん細胞をみつけて攻撃します。
また、体内の仲間の免疫細胞を活性化しようと、
A大量の免疫刺激物質を放出します。
強い免疫刺激によって、体内の眠れるNK細胞を呼び覚まし総動員でがん細胞を駆逐しようとするものです。
B本人の細胞を本人に戻す治療ですので、原理的に安全と考えられるものです。

 

リンパ球バンク株式会社 HPより
https://www.lymphocyte-bank.co.jp/ank.html

ANK療法をお考えの方に

ANK療法実施医療機関は
@ ANK拠点医療機関
A ANK準拠点医療機関
B ANK点滴実施医療機関 の3つのカテゴリーに区分され、当院は、BANK点滴実施医療機関 にあたります。
患者様には、まず、@ANK拠点医療機関、あるいはAANK準拠点医療機関で、医療相談を受けていただきます。
そこで提案された治療設計にご納得された上で治療の申し込みを行い、実際の点滴を当院で受けることができます。

 

治療をご検討されている方は、リンパ球バンク株式会社のHPをご覧になるか、当院にご相談ください。


ホーム RSS購読 サイトマップ
一般内科 透析室 アクセス